夫婦関係や恋人関連の間柄で、男性が女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)に対して暴力行為を行う事をドメスティックバイオレンスと言うのです。「DV」という言葉を耳にする事が多くなっていますが、近頃ではこのDV(アメリカでは1日に11人の女性がDVが原因で亡くなっているのだとか)による被害が増えつつあります。恋人からDV(肉体的暴力の他に、精神的な虐待や性的な虐待も含まれます)を受けて悩んでいる女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)や夫からDV(アメリカでは1日に11人の女性がDVが原因で亡くなっているのだとか)を受けているにも関わらず、将来の生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)が不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)であったり、子供のことを考えてなかなか離婚(日本では協?離婚が認められていますが、国によっては離婚できないこともあります)に踏み切れずにいる女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)も少なくないようです。DV(アメリカでは男性用のシェルターもあるそうです)はなんらかの精神的な疾患が原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)であることも多?ありますが、DV(肉体的暴力の他に、精神的な虐待や性的な虐待も含まれます)は一体どういう治療を行えば改善されるのでしょうか。実は、DV(肉体的暴力の他に、精神的な虐待や性的な虐待も含まれます)の治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)はすごく難しいといわれており、加害者の暴力行為を止めさせればいいという問題ではないものです。長い間、暴力行為を夫や彼氏から受けていた女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の中には、暴力行為を受けいれてしまう方もいらっしゃるでしょうね。「結局は私が悪いから彼が暴力をふるってしまうんだ」とか、「暴力をふるったとしても、この人を理解する事ができるのは私しかいない」などと思い込んでしまうと言われていますね。そして、それが余計にDV行為をひどくしてしまう原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)にもなり兼ねないのです。という事は、DV(近年では、女性が男性に対して行うケースも増えているようです)を治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)するには加害者本人だけでなく、被害者自身もいままでのような考え方を捨て、行動していかなければならないでしょう。それに、加害者本人にもDV(アメリカでは1日に11人の女性がDVが原因で亡くなっているのだとか)であることをわからせるために、一度心療内科(患者一人当たりにかける時間が長いことが多く、完全予約制となっている病院も少なくありません)やカウンセリング(カウンセラーがクライアントとも呼ねれる相談者の相談を受けることをいいます)などに行く必要があります。DVでは、加害者本人が加害者であることに気が付いていないケースも多いそうです。カウンセリングに行って、原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)をはっきりとさせてることで、きっと解決の糸口をつかむ事ができるはずです。最低でも半年は治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)に掛かると思いますが、これから先のことも考え、気長に治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)していくことがお勧めですー